現在、米の販売自由化(登録制)

に伴って、さまざまな販売経路が

存在しています。

その中で消費者の皆様は

牛肉や野菜と比べて品質差・食味差の少ない「米」の選択について

①袋・生産地

②品種

(=コシヒカリなど)

③見た目

(白濁したお米が少ない)

④価格

⑤販売店の規模

といった価値判断を多くの方が

され、購入していると思います。

また、農家直送のお米を購入されて

いる消費者さんは、「安心」

と思われ、納得して購入しています。

私は、「米屋」という立場ですので、様々な産地に直接お伺いして、

生産者サイドのお話も聞いております。

生産者は「安心安全」

「高付加価値」

消費者は「安くてうまい米」

 

が全体の約70%

生産者の思いと共感されている

消費者は約3%​です。

さらに、伝えていく人

(=生産者・米屋)

はまもなく激減します。

少しでも、「米」を含む

すべての一次産業において、

消費者の皆様の理解が進むよう、

私は情報発信を続けていきたいと

考えております。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now